• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

美ィキペディア
“美容通”としてのスキルを磨くため、より深く勉強したいと願う読者に捧げる、 美容を全方位に追求した“VOCE的ビューティ用語事典”がi-VoCEにも登場!i-VoCEユーザーの声をただいま大募集中。ふるって参加を!
他の項目を見る

ハイライト部分をヒントに検定に挑戦しよう!正解はページの最後をご覧ください。
皮膚
定義
 身体の表面を覆う器官。気温や痛み、圧力などの情報を受け取る感覚器官であると同時に、それらの刺激から身体を守る役割も果たす。成人における平均総面積は約2m²。重さは総体重の約16%にもなる。*A1厚さは眼瞼の約1.5mmから、かかとの約4mmまでさまざま。
大部分が約1~2mmである。
 皮膚は、大きく真皮と表皮の2層に分かれる。真皮はコラーゲンと呼ばれる膠原線維と、エラスチンと呼ばれる弾性線維の束がメッシュ状に組み合わさった構造をしており、皮膚に弾力性や伸展性をもたらす。コラーゲンとエラスチンは、同じく真皮にある線維芽細胞から生み出されている。
 表皮は基底層、有棘層、果粒層、淡明層、角質層から成る。
*A4基底層の一部の細胞は細胞分裂を行い、表皮細胞を生み出す。表皮細胞は上層へ押し出されながら、内部に丈夫なたんぱく質ケラチンを蓄積。表皮上部の角質層で角質、すなわちケラチノサイトとなり、最終的に垢としてはがれ落ちる。表皮細胞が生まれてからはがれ落ちるまでの過程を角化、あるいはターンオーバーと言い、その周期は約4週間とされる。*A2
 角質層にあるケラチノサイトは熱や微生物、化学物質などの刺激から身体を守る。さらにケラチノサイトとケラチノサイトの間を埋める細胞間脂質は、身体の内から水分が蒸発するのを防ぐ。なかでも細胞間脂質に含まれるセラミドという物質は保湿力の要であり、セラミドが少ない皮膚は乾燥しやすく、外界からの刺激に弱いことがわかっている。
 皮膚の構造は人種間による違いが大きく、一般的に白人は真皮が薄いためシワやたるみが発生しやすく、黄色人種は基底層にあるメラノサイトの活性が高いため、色素沈着を起こしやすいと言われる。
皮膚と美容に関するニュース
 美しくありたいと願う女性にとって、見た目を大きく左右する皮膚は重要。そのため皮膚科医は皮膚機能を正常化する方法だけでなく美しさを高める方法も研究し続けており、その技術は日進月歩で進化している。
「近年スキンケアにおいて特に注目されているのは細胞間脂質に含まれるセラミドです。セラミドが多い皮膚は水分が豊富なので乾燥によるシワが少ないし、水分に富んだ角質層は光の反射率が高く、皮膚の透明感が高まるのです。*A6セラミドを増やす方法としては、肌に直接セラミドを塗る方法と、皮膚への浸透力が高いビタミンC誘導体、VCIPを塗る方法の主にふたつがあります。特にビタミンCは皮膚が持つ細胞間脂質生成力自体を高めるので、肌質改善に効果的。乾燥肌はもちろん、乾燥がもたらす皮脂過剰を防ぐので、ニキビ解消にも役立ちます」(アヴェニュー六本木クリニック 院長 寺島洋一さん)
ビタミンC誘導体を塗る前(上)と、2週間塗り続けた(下)皮膚。キメがふっくらと整ったのがわかる。
写真提供:
アヴェニュー六本木クリニック
第13回美ィキ検定の正解はこちら
 美容観点からの医療行為において、レーザー治療は近年大きく進歩した。またこれからは、再生医療を応用した美容医療にも画期的技術が期待できるという。
「1970年に開発されたアメリカのルミナス社のCO
2レーザーを筆頭に進化し続け、現在はフォトフェイシャルやフラクショナルレーザーなど、より皮膚を傷つけずシワやたるみを改善するものに進化しています。再生医療分野では、アメリカのジェイヒューイット社が開発したセルリバイブなど自己血小板を注射して線維芽細胞の活性を高めるという新しいメソッドが普及しつつあります。再生医療分野の研究が進めば将来、自分の皮膚をそっくり、新たに培養した皮膚と入れ替える治療法が確立されるかもしれません」(寺島さん)
キーワード「ドクターズコスメ」
クリニークの初期広告。ソープ、ローション、乳液の3ステップがそろっていた。
写真提供:クリニーク
 皮膚科医の研究は、店頭で市販される化粧品にも生かされている。特にその開発アイデアや配合成分を皮膚科医が監修、処方などを行った製品はドクターズコスメと呼ばれ、日本のスキンケア市場におけるシェアは、年々増え続けている。中でもドクターズコスメという概念のない時代、コンセプト自体皮膚科医の発案から生まれたというパイオニア的ブランドが、RoCとクリニークである。
「RoCは1950年代初頭のパリで生まれました。当時は化粧品の安全性に関する意識がまだ低かったため、粗悪な化粧品で肌にダメージを受けてしまう女性が多かったとか。そこでロジェ・カバリエ薬局のリサラーグ博士が、安全かつ効果的な化粧品を提供しようと立ち上がりました。彼がひとりひとりの症状に合わせ、乳鉢で調合した化粧品がRoCの始まりです。パッケージを飾るブランドシンボルマークの乳鉢は、博士の精神を現在も受け継いでいることの証なのです」*A3(RoC広報 吉野奈津恵さん)
 一方クリニークは、医学知識を持たない雑誌編集者と皮膚科医の対談から生まれた。
「1967年、米国版『VOGUE』に掲載された、皮膚科医ノーマン・オラントラック博士と『VOGUE』のビューティ編集者の対談がきっかけです。当時は、肌の美しさは遺伝的要因が握っているという考え方が一般的でした。でも、美しい肌は自分の意志でつくり出せるという博士のコメントと一緒に、エクスフォリエーション(=角質ケア)などが紹介され、問い合わせが殺到。翌年、博士がクリニックで患者さんのために処方していたソープ、ローション、乳液を一般の女性も使えるように、デパートで発売したのがクリニーク誕生のいきさつです」*A5(クリニーク広報 坂口優子さん)
 クリニークは1978年に日本へ上陸。クリニックのラボを意識した白衣姿のBAに、当時の女性の多くが関心を持ったという。その後も数多くのドクターズコスメが登場。アメリカのオバジ博士は高濃度ビタミンCを配合したオバジシリーズを開発し、ビタミンCブームの火つけ役となった。ヘレナ ルビンスタインは美容医療で名高いスイスのクリニック、ラクリニック・モントルーと共同開発を実現。新たなアンチエイジングラインを発表した。ジバンシイやランコムも、皮膚科医が持つ生物学的研究や薬学知識に基づきホワイトニングコスメなどを開発している
1980年代、日本で初めて発売されたRoCのミネソル。現在発売されているミネソルと同じく、紫外線から肌を守るためのクリームだった。
写真提供:近畿大学医学部皮膚科学教室 川田暁教授
関連項目
美容医療、メラニン、ヒアルロン酸、レーザー治療
※次回のテーマは、「フェイシャルマッサージ」です。
取材協力:アヴェニュー六本木クリニック 院長 寺島洋一

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP