• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

Beauty News ビューティニュース

RSS

水原希子”聴く処方箋”MYブームはビートルズ

2015年03月19日

音楽をこよなく愛する人気モデルの水原希子。御茶ノ水の楽器店街をのんびり”KIKOさんぽ”しながら、音のチカラについて語ってくれた。



音楽マニアの父親の影響もあり、目一杯音楽を浴びるライフスタイルで育ってきたKIKO。そんな彼女が、ビューティ誌『VOCE』の連載“KIKOさんぽ”の地に選んだのは、ミュージシャンの聖地、御茶ノ水だった。



幼少期から楽器にも興味があり、昨年は、突然ウクレレが弾きたくなり、御茶ノ水の楽器店街まで足を運んだのだという。「小学生のとき、おじいちゃんからアコースティックギターをプレゼントされたの。それで習ったこともあったけれど、そのとき『私は、楽器をやる人間じゃないんだな』って悟った(笑) 習い事のピアノも長続きしなかったし、ウクレレも買っただけで満足しちゃったし」。



プレイヤーとしては憧れ止まりだというKIKOだけれど、一日として音楽を聴かない日はない。音楽は原動力であり、そのときどきの気持ちを映し出すものなのだという。



つねに直感的で一歩先をゆくKIKOの
エネルギー源は、ブラックミュージック

「ブラックミュージックは、いつも圧倒的なパワーが感じられるから好き。“面白いことをやってやろう”とか“何か変えてやろう”みたいな本能的なパワーを感じるので、触れることでチカラを分けてもらえる気がします」。



ビートルズは、最初に影響を受けた音楽。
私のスタート地点。

「最近は、なぜかビートルズばかり聴いているの。東京に出てきたときもずっと聴いていたけれど、振り返ってみると初心に返るときや頑張らなきゃいけないときには、いつもビートルズ。原点みたいなもので、すごく素直な気持ちを思い出すっていうか……」。



気分をリセットできる”聴くクスリ”

「沈みがちなときは、元気になる音楽を聴いてみたり、私にとっては、一番手軽で効果バツグンの処方薬です」。



ミュージシャンの聖地で楽器店を巡るKIKOの姿は、どこかしっくりくる。この先、“KIKO×音楽”というスタイルで、また新しいことを仕掛けてくるのではないか、そんな期待を持たせてくれる。






photographs:Motohiko Hasui/W
hair&make-up:Kanako Yoshida
styling:Kumiko Yashiro
text:Yoko Kikuchi
web writing:Yuko Kaneko



Writing: Yuko Kaneko VOCE本誌ほか、多くの女性誌で活躍する美容ライター。去年まではインナードライ肌だったのに、今年からド級乾燥肌に。サロンの体験取材なども多くこなす実践派。数多くの美容クリニックに、施術写真が飾られているというウワサも。プライベートでは2歳の女のコママ。

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP

VOCE5月号

最新号
VoCE

5月号
3月23日発売

【総力特集】

  • 長澤まさみ、好感度の作り方
  • 好かれる!美女の秘密
  • 今の好感度はスモ―キーアイ


次号予告

6月号 4月23日発売

  • 最新テクで、見た目”天然系”のふり♥
    「ナチュラル美女」はつくれる!

FOLLOW

便利ツール

  • VOCE的ビューティ用語辞典 美ィキペディア
  • VOCE厳選サロン検索 Best Salon Navi