• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

Beauty News ビューティニュース

RSS

プロが厳選! 最新リキッドでつくるネオ・マット肌

2015年03月24日

大本命とも言うべきリキッド、今季はどうやら仕上がりもグッと進化したそう。ツヤだけじゃない、発光力のある極上マット肌に仕上げるリキッドは要チェック!

今年も秀作揃いだった、リキッドファンデ。

それでも“ツヤツヤ”という今までの仕上がりとはちょっとだけ違っているみたい。

「今季のリキッドはナチュラルなんだけど、ツヤツヤというよりは毛穴を消すようなピントが甘めな肌という感じ。保湿力も発光感もあるから、使いやすいのも嬉しいですよね」と、ヘアメイクアップアーティストのKUBOKIさん。

マットなんだけれどもツヤがあるという新感覚を生み出したリキッドファンデ。 そんな、優秀なリキッドファンデを特集したビューティー誌「VOCE4月号」の中でKUBOKIさんが選ぶ、NO.1リキッドはこれだ!

アルビオン タイトフィルム ファンデーション
SPF30・PA+++ 全6色
30g ¥6000


カバー力は抜群なのに、素肌っぽい仕上がりに。保湿力もあり、発光するようなツヤが肌に生まれる。下から上に持ちあげながら塗ると、形状記憶効果で小顔にも!

そんなNO.1ファンデでつくるKUBOKIさん流トレンド肌がこちら。

ナチュラルさとほのかなツヤが絶妙。 しっかり塗ってます!という嫌な厚ぼったさがなくて好印象!

■How to make up

フォギーなファンデには、内側から光を放つような発光下地を仕込んでおく。そうすることで、美肌感が断然違ってくる。

薬指の第一関節までのフラットな面を使ってギュッと引き上げるように。小鼻などの細かいところも、指先を使って叩き込む。

簡単なステップで、アラの見えないソフトフォーカス肌が出来上がるのが何より魅力的。実力派のリキッドを駆使して、ツヤとマットのバランスが絶妙な新感覚のマット肌に仕上げよう。

photographs:Chizuru Abe/LOVABLE(model),Tsuyoshi Ogawa/Kondo Studio(still life)
hair&make:KUBOKI/Three Peace
styling:Kaori Kawasaki
mode:Moeka Nozaki
text for magazine:Miho Maeda

web writing:Misaki Kawatsu

アルビオン タイトフィルム ファンデーションの詳細はこちら

Writing: Misaki Kawatsu VOCE編集部で働く新人ライター兼アルバイト。乾燥肌。新しいコスメやメイクトレンドに積極的にトライする期待の若手。気が利く、仕事が早い、そのうえ可愛いと、三拍子揃った編集部のエンジェル。

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP

VOCE5月号

最新号
VoCE

5月号
3月23日発売

【総力特集】

  • 長澤まさみ、好感度の作り方
  • 好かれる!美女の秘密
  • 今の好感度はスモ―キーアイ


次号予告

6月号 4月23日発売

  • 最新テクで、見た目”天然系”のふり♥
    「ナチュラル美女」はつくれる!

FOLLOW

便利ツール

  • VOCE的ビューティ用語辞典 美ィキペディア
  • VOCE厳選サロン検索 Best Salon Navi