• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

Beauty News ビューティニュース

RSS

放置すれば“オバ化”が進行する目もとトラブル。ひと目でわかる原因診断と“効く”対策法を紹介!

2014年12月25日

見極めにくい目もとトラブルの原因を一瞬で判断。その結果に沿った適材適所の完璧なケア方法まで知ることができる、目もと救済企画をお届け。

目もとはトラブルの多発地帯。

クマひとつとっても、色の感じによって原因もケアの方法も違うなど、目もとは、セルフケアが難しい場所なのだ。一生懸命ケアをしても、原因が別のことであれば、まったく改善につながらないということもありえる。

だからこそ、自分が悩んでいる目もとのトラブルは、なにが原因かを知ることが先決!

そこで役に立つのが、スキンケア特集に定評がある美容専門誌『VOCE』の1月号。
下記にある簡単なチェックで、原因が特定できるというからスゴイ。ぜひトライして。

1:いくら寝ても目の下がどんよりしている
2:笑いジワが戻らない
3:最近、タレ目になった気がする
4:年々、目の下がくすんでいく
5:アイメイクがにじんじゃう

それでは、結果発表!

1:青グマ 睡眠不足やパソコンを使いすぎて、目のまわりの血流不足になっているパターン。
血行を促すアイコスメやツボ押しなどが有効。

2:シワ 目もとの皮膚は薄く、乾燥しやすいことによるシワが原因。
放置すれば、表情ジワとして定着してしまうので、保湿力の高いアイテムを投入して。

3:たるみ 普段通りのメイクをしたのに、ぼんやりとした印象……。
これは肌内部のハリをつくり出す成分の産生路湯が低下してきた証拠。ハリケア対策コスメをプラスするのが正解。

4:茶グマ 目もとの茶色っぽいくすみが消えないのは、色素沈着の疑いあり。
手の摩擦や紫外線などの刺激から肌を守るため、メラニンが大量に発生して、定着した可能性が。美白ケアでメラニンの排出を心がけて。

5:むくみ 目もとは、皮膚が薄く、骨のまわりに隙間がある。
顔がむくむと、その隙間に水が貯まってしまい、アイメイクがヨレる原因に。水分を排出するような血行促進ケアが効果的。

本誌『VOCE1月号』には、それぞれの悩みにビシッと効くコスメやケア方法、アイケア賢者の必勝レシピなど、本気で改善へと導く内容がぎっしり。“美人アイ”志願者は、必読です!

Text:Yuko Kaneko
Writing: Yuko Kaneko VOCE本誌ほか、多くの女性誌で活躍する美容ライター。去年まではインナードライ肌だったのに、今年からド級乾燥肌に。サロンの体験取材なども多くこなす実践派。数多くの美容クリニックに、施術写真が飾られているというウワサも。プライベートでは2歳の女のコママ。

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP

VOCE5月号

最新号
VoCE

5月号
3月23日発売

【総力特集】

  • 長澤まさみ、好感度の作り方
  • 好かれる!美女の秘密
  • 今の好感度はスモ―キーアイ


次号予告

6月号 4月23日発売

  • 最新テクで、見た目”天然系”のふり♥
    「ナチュラル美女」はつくれる!

FOLLOW

便利ツール

  • VOCE的ビューティ用語辞典 美ィキペディア
  • VOCE厳選サロン検索 Best Salon Navi