• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

Beauty News ビューティニュース

RSS

“すっぴん風”の肌では、この秋、時代遅れな女に!? パウダリーファンデを顔の“正面しか塗らない”新常識!

2014年08月26日

秋メイクを完璧にするなら、口紅やシャドウと一緒に、肌も秋仕様に切り替えるのが正解。秋の最新ベースメイク事情をいち早くお届け!

人気ヘアメイクアップアーティストの犬木愛さんによれば、「この秋冬の新色は、色がしっかり発色するものや質感が目立つような存在感のあるアイテムが充実しています。ファッションも生地が重めになるので、春夏仕様の薄い“すっぴん風”の肌のままではメイクとのバランスが悪く、残念感が……」と指摘している。

ならば、どういった肌が秋のトレンドなのか? その正解は、『VOCE10月号』にあり!

犬木さんによれば、パウダリーファンデを顔全体に塗らないことで、透明感のある柔肌が生まれるという!! 
その詳しい肌づくりを4つのポイントで紹介します。

 

①パウダリーファンデを塗ったとき、厚塗り感が出ると昔っぽくなりがち。カバー力を備えながらも、ラメなど光の効果を駆使して、透明感のある肌に仕上がるようなファンデ選んで。(秋の新作ファンデには、透明感を意識したものが多数登場している。ファンデを新作に買い替えるのも“秋肌”への近道に!)

②潤い感の高い化粧下地を使う。乾燥が気になる人でもたっぷり塗りすぎると、ムラになりやすいので注意して。薄く均一に塗ることが大切。

③パウダリーファンデは、頬や額、顎先、鼻筋など、顔の正面部分だけにオン。顔の横部分やフェイスラインは、パフのキレイな部分を使って、正面の余分な粉をなじませる程度に。

④手の平で顔を覆うようにハンドプレス。手の暖かさを利用して、パウダーの粉っぽさをなじませていけば、完成です。

 『VOCE10月号』には、リキッドファンデを使った方法や、“えび茶リップ”など、秋のトレンドに合わせたベースメイク術、最新ベースメイクアイテム情報など、内容盛りだくさん。

この企画を隅から隅まで熟読すれば、あなたも即“秋肌マスター”になれるはず!

 

Text:Yuko Kaneko

 

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP

VOCE5月号

最新号
VoCE

5月号
3月23日発売

【総力特集】

  • 長澤まさみ、好感度の作り方
  • 好かれる!美女の秘密
  • 今の好感度はスモ―キーアイ


次号予告

6月号 4月23日発売

  • 最新テクで、見た目”天然系”のふり♥
    「ナチュラル美女」はつくれる!

FOLLOW

便利ツール

  • VOCE的ビューティ用語辞典 美ィキペディア
  • VOCE厳選サロン検索 Best Salon Navi