• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

タカミクリニック院長高見洋のBEAUTY CLINIC

美容皮膚科医による本格ビューティコラム。タカミクリニック院長 高見先生が、最先端の美容医療の見地から、ビューティの「?」にお答え! 聞き手は、ビューティエディター 安倍佐和子さん。質問も大募集!

美容皮膚科とは

高見 洋 タカミクリニック院長 美容皮膚科医 ニキビ、毛穴治療、ヒアルロン酸注入などのアンチエイジング治療の第一人者。高い技術力から、女優やモデル、美容関係者から“かかりつけ医”として高い信頼を得ている。タカミクリニックは、VOCEベストクリニック第1位、3年連続受賞。

安倍 佐和子 ビューティエディター 創刊準備から携わってきた「VOCE」をはじめ、雑誌、広告などで活躍。JPHMA認定ホメオパスの資格も持ち、代替医療の分野にも精通。美容業界屈指の知識人。

「シワ」ケア最前線 イラスト

第8回『「シワ」ケア最前線』~1

年齢印象を大きく左右する肌悩みのひとつ“シワ”。引っ張って、紐のように取り去れたらいいのに……! そんな、できてしまったシワの改善方法、シワを作らないための最新ケアをレポート。

安倍 佐和子 イラスト

そもそも、シワってどういうメカニズムで起こるものなんですか?

高見 洋 イラスト

シワは、老化による皮膚機能や、皮膚から皮下組織のボリュームの低下などの内的要因と、紫外線などによる外的要因、知らず知らずのうちに定着してしまう表情グセ、などが重なってできます。

シワは年齢を重ねるごとに増え続けてしまうもので、自然に改善することは、まずありません。年齢を重ねることは止められませんが、しっかりとしたケアを行えばシワの進行を遅らせることができますし、また、できてしまったシワを改善することも可能です。まずはシワができるメカニズムを知って、自分にあったケアをはじめることが大切です。

シワができやすい人、できにくい人ってあると思うのですが……。

まず、シワができやすい条件ですが、肌質的には、皮膚が薄く、皮脂の分泌量が少ない乾燥系に。また、部位的には表情筋の動きが多いところ。顔で言えば、目のまわりや法令線などが、あてはまります。
とくに、法令線、マリオネットラインが目立ちやすいのは、肉付きがいい人です。
額の横ジワの場合は、老化による額部分の肉痩せ、マスカラを塗る時などに無意識に行っている表情グセなど、原因はひとつではなく、いくつも重なっていて、さまざまなケースが考えられます。

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP