• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

タカミクリニック院長高見洋のBEAUTY CLINIC

美容皮膚科医による本格ビューティコラム。タカミクリニック院長 高見先生が、最先端の美容医療の見地から、ビューティの「?」にお答え! 聞き手は、ビューティエディター 安倍佐和子さん。質問も大募集!

美容皮膚科とは

高見 洋 タカミクリニック院長 美容皮膚科医 ニキビ、毛穴治療、ヒアルロン酸注入などのアンチエイジング治療の第一人者。高い技術力から、女優やモデル、美容関係者から“かかりつけ医”として高い信頼を得ている。タカミクリニックは、VOCEベストクリニック第1位、3年連続受賞。

安倍 佐和子 ビューティエディター 創刊準備から携わってきた「VOCE」をはじめ、雑誌、広告などで活躍。JPHMA認定ホメオパスの資格も持ち、代替医療の分野にも精通。美容業界屈指の知識人。

「老け顔」脱出 イラスト

第3回『「老け顔」脱出』~2

実年齢は同じなのに「見た目年齢」は、人それぞれ。同い年でも、老けて見える人と、若々しく見える人の違いって何……?老けて見える「老け顔」を脱出し、若々しい表情をゲットする手だてはあるのでしょうか!?

安倍 佐和子 イラスト

ヒアルロン酸注射について教えてください!

美容皮膚科では、見た目の印象の“若さ”コントロールを、ヒアルロン酸注射で実践されているとのことでしたが、西洋人は、ボトックス注射ファンが多いですね。ヒアルロン酸注射とボトックス注射の違いって?

高見 洋 イラスト

線は消えても、老け感は解消できない、という事実。

ボトックス注射で表情筋を固定すると、シワは出にくくなりますが、ふっくらさせることができないので、骨感は消えない、つまりはボトックス注射では若々しく見えないという盲点が……。皮膚がふっくらしていれば“骨感”は目立たないし、笑ったときに“線”も入りにくいのです。
日本人は感受性がとても強い民族で、シワのあるなしだけでなくもっと深いところで年齢感を感じているのだと思うのです。ヒアルロン酸注射は、シワを消すという平面的なものから顔のシルエットをデザインする立体的なものまで、様々な要求に応えることができる、日本人に適した美容技術だと思います。

安倍 佐和子 イラスト

日本人のアンチエイジングの鍵、ヒアルロン酸注射とは?

高見先生がクリニックでヒアルロン酸注射をスタートしたのは、何年位前からですか?
そしてヒアルロン酸注射とはどんなものなのでしょうか? 化粧品に配合されているヒアルロン酸と混同している人もまだまだ多くて。

高見 洋 イラスト

ヒアルロン酸とは、もともと体内に存在する成分です。

肌に長くとどめておけるよう、医療用に開発されたものがヒアルロン酸注射で使われているヒアルロン酸です。化粧品に配合されているヒアルロン酸とは厳密には違います。当院では、アレルギーテストが不要だという高い安全性から、8年程前からヒアルロン酸注射をスタートしました。現在は、濃度や硬さなど、分子の大きさの違ったタイプが豊富に揃い、10種類のヒアルロン酸をご用意しています。

どうして、それだけの種類のヒアルロン酸を用意する必要があるのですか?

自然な仕上がりにするために、注入する部位やその皮膚の状態、また表情筋の動きの有無など、その状況に合わせて使用するヒアルロン酸を使い分ける必要があるからです。
これは医師の目利きとセンス、技術が一番問われる部分です。当院の場合、純度が高いことから、世界でもっともシェアが高い信頼性のあるヒアルロン酸を使用しています。じつは、ヒアルロン酸には使用期限がありまして、より安心して治療を受けていただくため、施術の際は、必ず目の前で封を切る“オープニングセレモニー”を行っているんです。

それは、安心ですね。では、一回のヒアルロン酸注射の効果は、どのくらい持つのですか?

注入したヒアルロン酸の種類や部位にもよりますが、一回の注射で1年から3年くらい持つ方が多くいらっしゃいます。
そして、現在さまざまな注入剤(コラーゲン、脂肪、血小板など)の中で唯一、分解剤が存在するのがヒアルロン酸です。ですから、気に入らない、イメージと違う、などの場合は、ヒアルロン酸分解・修正という選択肢もあります。高い安全性や修正が可能だという利点もあり、現在、美容医療メニューの中で、ヒアルロン酸注射は世界でもっともポピュラーになってきているんですよ。

Case Photos

ヒアルロン酸

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP