• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

Beauty News ビューティニュース

RSS

VOCE15周年イヤー企画「松田聖子×久本雅美の創刊号に胸熱!」

2012年12月12日

VOCE15周年イヤーにあたり、「『VOCE』との思い出」募集中! みなさま、たくさんの思い出をお送りいただき、ありがとうございます! 数々の思い出のなかから、胸熱エピソードをご紹介してまいります☆

もっとも多く寄せられたのが、やはりなんといっても衝撃の創刊号(1998年5月号)との思い出。

『VOCE』は、初の美容専門雑誌として1998年3月に創刊。表紙は松田聖子さん、TVCMに久本雅美さんを起用し、大きな話題に。TVCMのインパクトが強すぎたのか、久本さんが表紙だったと記憶している方が続出でした。

1998年といえば、長野冬季オリンピックの開催された年。スキージャンプ団体ラージヒルや、フリースタイルスキーの女子モーグル 里谷多英選手の金メダルに感動の涙を流した方も多いのでは。

しし座流星群や、大相撲の若貴兄弟横綱、年末のNHK紅白歌合戦では安室奈美恵さんの1年ぶり復帰なんかもありました。

そんな1998年に誕生した『VOCE』。みなさんのVOCE創刊号との思い出は……?

「母が購入し、家にあった創刊号。私はまだ5歳くらいだったので当然読んではいないけど、表紙がよくテレビで見る「マチャミ」だったのをおぼえています。今20歳の私はやっと化粧らしきものを始めたばかり。母が読んでいたVOCEを、今度は自分で購入し、母と交代で読むことになりそうです」(あんとにーさん、20歳)

親娘二代で『VOCE』を愛読してくださっているという感激に胸を熱くしつつも、当時5歳の幼子が、いまや成人女性にという15年の歳月の重みに複雑な思いを禁じえません。

「一番最初の、松田聖子さん。表紙もだけど、あたしにとっては、VOCEが創刊されたこと自体、衝撃……それからの、生活になくては、ならない教科書になりました。久本雅美さんが、メイクアップされてたのは、こう、メイクで、こんだけ変われるんだよ……的なものが、凄かった
(イチゴちゃんさん、37歳)

「業界初のコスメ専門雑誌の発売で興奮しました。久本雅美さんの変身っぷりにも驚かされた記憶があります」(miikaさん、38歳)


そう。メイクとは化粧。化けて、粧(めか)すためのもの。いまや動画でメイクプロセスを世間様に晒す女子が続出。その化けっぷりをして初心な男子たちに衝撃を与える時代となりました。VOCE創刊以来のメイクの歴史を振り返ると、感慨深いものがあります。


創刊号を書店で見掛けて背伸びをして買ったのが、高校生のころでした。それからファッション誌を渡り歩きましたが、顔や肌だけでなく、美をみつめ考え、実践したいときに健康の記事は心強いです」(くびーれさん、32歳)

「創刊号。美容単一テーマの雑誌というのが無かったので本屋で平積みを見た時、とても斬新に感じた。そして正直買う人居るのかな……と思った。数年後まんまと買い続けるようになるのですが」(gakesan、36歳)


VOCEは「キレイになるって、面白い!」をコンセプトに、メイクやスキンケアなど外面の美しさはもちろんのこと、美の基本となる健康や、内面の美しさを磨くためのさまざまな情報をお届けしてきた“トータル・ビューティ誌”。

15周年イヤーとして、まだまだ「『VOCE』との思い出」募集中です!

↓アンケートご回答はこちらから!(ログインが必要です)
http://i-voce.jp/cosme/member/cosme/point/point2.html
☆アンケート回答で、もれなくi-VoCEポイント20ポイント贈呈!

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP

VOCE6月号

最新号
VoCE

6月号
4月23日発売

【総力特集】

  • 綾瀬はるか、Pure nature
  • フルーツカラーで効かせEYE
  • 見た目天然系美女がやってる10のこと


次号予告

7月号 5月23日発売

  • 色っぽBODYの作り方♥
    小顔とくびれがあれば最強!

FOLLOW

注目記事PICKUP!

    記事がありません。

便利ツール

  • VOCE的ビューティ用語辞典 美ィキペディア
  • VOCE厳選サロン検索 Best Salon Navi