• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

Beauty News ビューティニュース

RSS

写真うつりを良くしたいなら「左側の顔」がベスト!

2012年05月18日

講談社が運営する美と健康のための会員制サービス「ヘルス&ビューティー・レビュー(HBR)」より、美になる情報&ネタを、お届け!

写真を撮るときにどちら側の顔がきれいに写るのか、迷うところですが、米国ウエイクフォレスト大学のKelsey Blackburn博士、 James Schirillo博士らが 2012年4月20日付のExperimental Brain Researchオンライン版に発表した研究によると、男女の差や年齢に関係なく、顔の右側を写した写真よりも、左側を写した写真の方が、写真を見た人により好印象を与えることが明らかになりました。

私たちは他人の感情を顔の表情で読み取ることができますが、これは人間の顔の筋肉が高度に発達したことによって、アクティブで印象的な表情をつくることができるようになったからだと言えます。また西洋の画家たちが左側の顔を見せた肖像画を多く残しているのも注目に値します。

そこで研究者らは、左側の顔写真と右側の顔写真によって、見た人に認識の違いがあるかどうかを調べました。実験に参加した被験者たちは、白黒の男女の顔写真を見せられました。顔写真は左側、右側、双方向から撮影されたもの、そして左右を反転したものが準備されました。それぞれを見た被験者たちが最も好印象を与える写真だと選んだのは、左側の顔写真でした。

この結果について研究者らは、人の左側の頬がより感情豊かに動き、見た人にとって審美的にも好ましく見えるというこの研究の結果は、左の頬を感情に従って動かす指令を出しているのが右脳であり、右脳はイメージ記憶やパターン認知を司っているため、より表情豊かに左の頬を動かすことができるのではないかと分析しています。

■取材・文
医療ジャーナリスト 宇山恵子
Experimental Brain Research, April 2012

※「HBR」とは
講談社 ヘルス&ビューティー・レビュー(HBR)
講談社が運営する美と健康のための会員制サービス。美しく生きることに前向きな人々に、月刊の会員誌と少人数制の講座、そして役立つ情報満載のウェブサイトで、本当に価値のある情報や方法をお伝えしています。 

 ↓↓ まずは無料の会員誌ダイジェスト版を! ↓ お申し込みはコチラから
http://www.hbrweb.jp/campaign/201202/201202_samplea/

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP

VOCE6月号

最新号
VoCE

6月号
4月23日発売

【総力特集】

  • 綾瀬はるか、Pure nature
  • フルーツカラーで効かせEYE
  • 見た目天然系美女がやってる10のこと


次号予告

7月号 5月23日発売

  • 色っぽBODYの作り方♥
    小顔とくびれがあれば最強!

FOLLOW

注目記事PICKUP!

    記事がありません。

便利ツール

  • VOCE的ビューティ用語辞典 美ィキペディア
  • VOCE厳選サロン検索 Best Salon Navi