• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

Beauty News ビューティニュース

RSS

自爪が緑に!? 緑膿菌の疑い! わかっているようで実は知らない【爪の正しいトラブル対処法】

2011年12月12日

講談社が運営する美と健康のための会員制サービス「ヘルス&ビューティー・レビュー(HBR)」より、美になる情報&ネタを、お届け!

 【HBR会員誌2011年10月号「わかっているようで実は知らない 最新!爪の正しいトラブル対処法」より】

全国的にも珍しい“爪の専門外来”がある『神楽坂 肌と爪のクリニック』。院長の野田弘二郎先生は、銀座 東京ネイル学院で約100時間の実習を経て、資格を取得したプロネイリストでもある。爪のトラブル対処法や、自爪を育て、ネイルを楽しむ極意をアドバイスしていただいた。


Case 1:
ジェルネイルのせいなのか、爪に緑色のカビが生えてしまいました!どうしたらいいのでしょうか?

「カビではなく緑膿(りょくのう)菌きんという細菌。ただちにジェルを外してください」

「当院を受診する方の手の爪のトラブル№1が、この緑膿菌によるグリーンネイルです。まずは、ネイルサロンでジェルを外してください。緑膿菌は、その名の通り緑色の色素を出す細菌です。健康な人であれば、通常は無害ですし、爪から爪にうつったり、また、他の方にうつることもありません。しかし念のため、お子さんや、免疫が落ちている方は注意していただきたいと思います。このグリーンネイルの症状には2タイプあります。

まず爪とジェルの間に緑膿菌が入るという比較的軽症なタイプ。このタイプは、ジェルを外し、自然治癒を待ちます。2週間ほどお休みしたら、またジェルをのせても大丈夫だと思います。ただ、これは当院の判断ですので、他の医師の場合、また違う見解を持つ可能性があります。

そしてもう1タイプは、爪と肉の間に緑膿菌が入った場合。当院を受診される方の多くは、こちらのタイプです。この場合、大切なのは、爪と肉の隙間があいてしまっている剥離の治療が必要ということです。爪の剥離によって緑膿菌が入ってしまうため、塗り薬などを処方し、完治には1年程度を要します。もちろん保険も適用されます。ジェルはお休みするのが理想です。ただ、このケースでも、私は患者さんの社会性を重視する考えから、病変を隠すためのジェルは、禁止しませんがそれは医師とよく相談する必要があります」

(写真上)爪とジェルの間に緑膿菌が入った症例
(写真下)爪と肉の間に緑膿菌が入った症例

Case 2:
ジェルネイルで爪が紙のように薄くボロボロに!ジェルネイルを外して3ヵ月経っても爪が薄く割れやすく、痛みもあります。

「サロン選びや、ネイリストの力量に、問題の一因があるかもしれません」

「みなさんご存知かと思いますが、ジェルネイルは、爪の表面を削ることによって、定着を高めます。未熟なネイリストの場合、定着を優先して爪の表面を削りすぎる場合があります。また、すべてとは言いませんが、最近のネイルサロンは“安かろう、悪かろう”の傾向があると個人的に感じています。

爪は大切な身体の一部です。お金と健康を秤にかけるようなことは、やめましょう。適切な価格で、技術の高いサロンを選んでください。

また、ジェルを外し、表面を削って、またのせるというプロセスを2週間程度の短いスパンで繰り返している方も多いと思います。しかし、そうなると爪はどんどん薄くなり、さらには痛みを生じる〝爪の知覚過敏?のような状態になります。参考までに、当院併設のネイルサロンでは、ジェルネイルの場合は、3週間程度で一度リペアします。ジェルを外し、新しいものをのせるのは、6週間後です。つまり爪の表面を削るのは6週間に1回です。私は、これくらいのスパンが爪の健康を考えると適正だと思っています。

過剰なネイルケアをやめると、爪は元の厚さに戻ります。体質によって爪が薄い方もいますので、半年くらいは様子を見てください。最近、UVライトなどの商材が個人でも手に入りやすいため、ご自分でジェルネイルをする方が増えています。しかしこれは衛生面、技術面からいって、爪のトラブルの温床になりがちですので、避けたほうが賢明です」


Case 3:
手入れや食生活に気をつけても二枚爪に!どうしたら健康な爪になれますか?

「多くの人が勘違い。カルシウムよりも鉄分が重要」

「二枚爪は、男性には非常に少ない症状です。女性がほとんどである理由は、家事で水仕事が多いなどの社会的要因とともに、貧血に陥りやすい女性特有の身体的特徴によるものです。ですので、鉄分を食事やサプリメントで補給するのはおすすめです。

また爪を丈夫にするということで、カルシウムやコラーゲン、アミノ酸などのサプリメントを摂取している方がいますが、まったく意味がありません。爪を骨と勘違いしているのではないでしょうか。爪はケラチンという成分でできています。だからといって、ケラチンを経口で摂取しても無意味です。ドイツでは、ケラチンが医薬品として販売されていますが、ネット通販などで安易に購入するのは、避けたほうが賢明です。ケラチンを摂取したからといって、爪にその成分が到達する可能性は、ほとんどないと思います。〝爪にいいサプリメント?は、はっきり申し上げてナンセンスです。爪には、正しいお手入れと不足した鉄分の補給が必要です」

Case 4:
爪表面が凸凹するのは、何かの病気ですか?

「まずは、“甘皮の取りすぎ”を疑うべき」

「間違った爪のケアの筆頭にあげられるのが、甘皮の取りすぎです。
甘皮というのは、みなさん取ればいいと思っているようですが、それは間違いです。
甘皮は皮膚と爪のつなぎ目を埋めるパテのような役割があり、健やかな爪の発育に必要なものです。

ケアする場合、甘皮を爪の根元に優しく押し込み、その際に浮き上がった余分なものを取る、というのが基本。

甘皮がなくなると、爪と肉の間に隙間ができ、外からの刺激をうけやすい状態になります。
水仕事をしたり、手を洗うだけでも、その隙間があるために、水やせっけんが刺激になります。

甘皮の下側には、爪の表面を作る爪そう母ぼ細胞があります。つまりこの大切な部分が、刺激にさらされることで、爪の表面が滑らかに育たずに、デコボコになってしまうのです。

甘皮は爪の健康に非常に大切な役割をしています。素人が知識もなしに甘皮を取るというのは、百害あって一利なしです。自己流でやらずに、一度、高い技術力をもつサロンで、正しいお手入れを体験することも大切」

 

Case 5:
除光液は爪によくない、と言いますが、アセトンフリーがよいのですか?

「アセトンフリーの除光液も、あまり意味がありません」

「除光液は、皮脂と水分を過剰に奪い、爪の乾燥の原因になります。
解決策としては、使用回数を減らすこと、量を最低限に抑えることなどがあげられます。
またアセトンフリーの除光液は、実はあまり意味がありません。

アセトンがフリーであっても、他の成分が爪に負担をかける場合がありますし、アセトンフリーと謳っていても、実際にはフリーではない物もあるからです。

私のおすすめは、オイルクレンジングリムーバーです。正直、ネイルの落ちはよくありませんが、爪の負担は最小限に抑えられます。また除光液の使用を減らすためには、ベースコート+ネイル2度塗り+トップコートというネイルのもちをよくするプロセスを踏み、除光液の使用を10日に1回程度に抑えることが、結局、爪の健康にはいいと思います」

Case 6:
深爪で爪が小さくて、コンプレックスになっています。

「深爪、爪の押しグセは、“心”が影響していることも!」

「深爪や爪の押しグセなどは、実はメンタル面が非常に大きく影響しています。爪の先の白い部分を全部切らないと気がすまない、あるいは咬みきってしまう、爪を押しすぎてデコボコになっているなどの場合、当院ではジェルネイルやアクリルスカルプチャーで処置しています。しかし爪が正常な状態に戻り、ジェルを外すとまた繰り返す、といった方が多いのです。このように指先に神経が行きすぎる方は、過重なストレスやコンプレックスなどを抱えている場合も多いのです。ですので、根本的解決には、ストレスコントロールが重要です。

またご自分でそのクセに気づいている方も多いので、そこに治療の糸口があるといえるかもしれません。しかしジェルネイルで爪のコンプレックスが解消して、よい方向に向かう方も多いので、悩んでいる方にはジェルネイルをおすすめしています」


■取材協力ドクター・プロフィール
神楽坂 肌と爪のクリニック 院長
野田弘二郎(のだ・こうじろう) 先生
医学博士・医師・ネイリスト久留米大学医学部卒業。パリ第7大学医学部〝Denis Diderot"サンルイ病院留学、コソボ、ニジェール、ネパール等で国際医療NGOとして活動。プロネイリストディプロマ取得。'09年にネイルサロンを併設した『神楽坂肌と爪のクリニック』を開院。ネイル専門雑誌に『ツメのクリニック』を連載中。

■取財・文
天野より子
引用:HBR会員誌2011年10月号「大人のための美人学」 p30-31

※「HBR」とは
講談社 ヘルス&ビューティー・レビュー(HBR)
講談社が運営する美と健康のための会員制サービス。美しく生きることに前向きな人々に、月刊の会員誌と少人数制の講座、そして役立つ情報満載のウェブサイトで、本当に価値のある情報や方法をお伝えしています。 

 ↓↓ まずは無料の会員誌ダイジェスト版を! ↓ お申し込みはコチラから
http://www.hbrweb.jp/campaign/201104/201104_sample/

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP

VOCE5月号

最新号
VoCE

5月号
3月23日発売

【総力特集】

  • 長澤まさみ、好感度の作り方
  • 好かれる!美女の秘密
  • 今の好感度はスモ―キーアイ


次号予告

6月号 4月23日発売

  • 最新テクで、見た目”天然系”のふり♥
    「ナチュラル美女」はつくれる!

FOLLOW

便利ツール

  • VOCE的ビューティ用語辞典 美ィキペディア
  • VOCE厳選サロン検索 Best Salon Navi