• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

Beauty News ビューティニュース

RSS

資生堂|「IHADA(イハダ)」誕生

2011年02月28日

資生堂の新製品発表会でお披露目されたのは、新しいブランド「IHADA(イハダ)」。

長引き、繰り返しあらわれては気分をDOWN↓させる“肌悩み”。乾燥肌・敏感肌などといった“肌質”ではなく、肌内部で起きている“炎症”肌トラブルの根本原因であることがわかり、「肌の悩み・トラブルを治癒する→医薬品で肌を美しくする(医肌)」というコンセプトを掲げて開発されたのが、メディカルスキンキュア(CAREではなく“CURE/治癒”!!)IHADAです。

いつものスキンケアがしっくりこない。繰り返し同じところにできるニキビ・吹き出物、時々感じる乾燥・かゆみ・ちょっとした刺激、かぶれなど。資生堂によると、これらの肌トラブルは、表皮細胞の「炎症増悪タンパク質」の増加をきっかけに引き起こされる“炎症”が原因なのだそう。

例えば、ふとした時に感じる肌の「チクチク・ヒリヒリ」。角層のバリア機能が弱まっているところに、アレルゲン・微生物が侵入することで“炎症”が起こり、その防御反応として感じるものなのだとか。また、見た目は茶色っぽく見えるシミの内側では弱い“炎症”が起きており、皮膚の内側では赤くなっているというお話も。

IHADAのデビューアイテムとして発売されるのが「イハダ プリスクリードD」(※写真)。“炎症”を鎮めるために選ばれた成分が、非ステロイド性の抗炎症成分「ウフェナマート」。化粧品には配合することができないというこちらの成分は、安定性の問題から、スキンケアアイテムに配合されるのがとても難しいものなのだとか。超微細エマルション技術を駆使して製品に投入することで、のびのよさ・なめらかさなどの心地よいテクスチャーを完成させることができたのだそう。

また、肌トラブルの治癒にとどまらず、美しい肌を目指すところがメディカルスキンキュアの特長。肌の新陳代謝を促すといわれるビタミンE誘導体の「トコフェロール酢酸エステル」も配合されています。

朝晩のスキンケアステップの中では、洗顔後(化粧水の前)すぐの肌に。特に乾燥が気になるときは、化粧水の後の肌になじませて。日中、乾燥・ほてりなどが気になるときにポイント使いをしても◎ 鼻をかみすぎて、小鼻の周りがヒリヒリするときなどにもおすすめのアイテムなのだそう。花粉症でティッシュが手放せなくなりつつある方もお試ししてみて。



<2011年3月1日(火)>
・イハダ プリスクリードD[第二類医薬品] 50ml \7140(編集部調べ)

■問合せ先/資生堂薬品 お客様窓口 03・3573・6673

photographs&text:Kaori Tatsuno

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP

VOCE6月号

最新号
VoCE

6月号
4月23日発売

【総力特集】

  • 綾瀬はるか、Pure nature
  • フルーツカラーで効かせEYE
  • 見た目天然系美女がやってる10のこと


次号予告

7月号 5月23日発売

  • 色っぽBODYの作り方♥
    小顔とくびれがあれば最強!

FOLLOW

注目記事PICKUP!

    記事がありません。

便利ツール

  • VOCE的ビューティ用語辞典 美ィキペディア
  • VOCE厳選サロン検索 Best Salon Navi