• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

監修 : 竹内冨貴子

photographs :
Ryoichi Toyama , Tae Hamamura , Kazutaka Nakahara

food styling :
Mayuko Abe , Akiko Suzuki

オリーブオイル

美肌のためのクイーンオブオイル

地中海の風に当たり、太陽をさんさんと浴びたオリーブ。その果実をギュウッと 絞ってできるのが、ナチュラル度100%、キラキラエメラルドのオリーブオイル。 身体に入ってしっとりなじむ、老化知らずの油を使わない手はないのです。

オリーブオイルの選び方

大別すると、一番絞りの「エキストラバージン」と、「ピュアオイル(一般的なオリーブオイル)」がある。エリアやメーカーによって味・香りはさまざま。試飲やレストランで好みの味を見つけよう。

オリーブオイルの保存方法

未開封なら数年は風味が変わらないが、直射日光や高温は劣化の原因になるので、シンク下など暗いところで保存する。開封したら、空気に触れないよう栓をして、常温で保存し、早めに使い切ろう。



01 オリーブオイルマヨネーズ・ゆで根菜添え

一度作ったら必ずハマる、手作りマヨネーズ。ここにもオリーブオイルをふんだんに使い、ますますフレッシュな味わいに仕上げよう。ワインビネガーと粒マスタードで酸味を与えるできたてのマヨネーズは、市販のものよりまろやか。ちょっとつけるだけで根菜の甘みをグッと引き出してくれる。いろいろな野菜に合うので、自由に試してみよう。

>>01 オリーブオイルマヨネーズ・ゆで根菜添え


02 鯛のカルパッチョ

カルパッチョにかかせない調味料といえば、オリーブオイル。淡白な白身魚料理の仕上げにトローンとかけると、オリーブオイルの香りが広がって、一気にごちそうになる。レッドオニオンやパプリカ、セロリは食感のアクセントにもなるので、同じような大きさに切るとサクサクしてますます美味。タコやマグロ、ホタテなどで作るのもおすすめです。

>>02 鯛のカルパッチョ


03 豚のチーズサンドカツレツ

オリーブオイルは加熱しても劣化(つまり酸化)しにくく、揚げ物がヘルシーに仕上がり、おいしさも長持ちする。煙がもうもうと出るほど高温にするのはだめだけれど(ちなみに煙が出はじめる温度はオリーブオイルがもっとも高い)、普通の揚げ物で使う分には大丈夫。風味が香ばしくなり、チーズとの相性が抜群なのもおすすめポイント。

>>03 豚のチーズサンドカツレツ


04 プチトマトとオリーブのマリネ

材料さえあれば、あっという間にできるスピード料理。見た目も華やかなので、急なおもてなしや、「とりあえず」のおつまみにぴったりだし(もちろんビールというよりワインで!)、おかずの一品としての存在感も充分。ふりかけるだけでなく、にんにくを加えてさっとなじませることで、抜群に風味が増すのだ。こちらはエキストラバージンがおすすめ。

>>04 プチトマトとオリーブのマリネ

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP