• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

監修 : 竹内冨貴子

photographs :
Ryoichi Toyama , Tae Hamamura , Kazutaka Nakahara

food styling :
Mayuko Abe , Akiko Suzuki

あさり

血液をサラサラにする アイアンシェル

血液がサラサラできれいであることは、もはや美肌の必須条件。 ドロドロ血液では、恋もままならないのだ。 そこで今回は、美しい血液に欠かせない鉄分の宝庫、あさりに注目。 おいしく鉄を確保して、春恋仕様の美肌を手に入れよう!!

あさりの砂抜き法

海水より塩分がやや濃いめの塩水(水100ccに対して、塩3g程度)にあさりを2~3時間つけておく。塩を入れすぎるとあさりが塩辛くなってしまうので注意。砂抜きが終わったら、よくすすいでから水気を切る。すぐに使うのが基本だが、食べきれない場合は、あさりを小分けにして真空パックに入れ、すぐに冷凍庫で保存しよう。



01 あさりとそら豆の炊き込みごはん

炊き込みごはんの場合、あさりを他の具材と一緒に炊き込んでしまうと、あさりの身が硬くなってしまう危険が。まず、あさりだけ別に酒蒸しにしておくのがおいしく仕上げるポイント。他の具材はお米と一緒に炊き込んで、最後に酒蒸ししたあさりを合わせよう。このひと手間でぐっとおいしくなる。

>>01 あさりとそら豆の炊き込みごはん


02 あさりの山椒風味蒸し

あさり自体から出てくるうまみ成分のグリコーゲンをおいしくいただくには、、蒸すヲという調理法が一番風味よくいただける。一般的なのは、日本酒を使った酒蒸しがポピュラーだが、ワインや紹興酒でも合う。ただし、お酒の種類によって合わせる香辛料も考えよう。たとえば紹興酒には、山椒などを合わせて。

>>02 あさりの山椒風味蒸し


03 あさりと白身魚のアクアパッツァ

アクアパッツァとは、イタリア語で風変わりな水という意味で、にんにく、アンチョビー、バジル、ケッパーといった香辛料を加えて、水だけで煮こんだ簡単な料理。フライパンひとつで調理できるのに、豪華に見えるので、パーティメニューなどにも最適。冷めてもおいしくいただける。

>>03 あさりと白身魚のアクアパッツァ


04 あさりとセロリのエスニックスープ

あさりは、クセがあまりないので、どんな料理にも活用できるのがポイント。エスニックテイストを強くしたい場合は、香菜などを入れるとより本格的にいただける。ちなみに、えびにもタウリンが豊富に含まれているので、低カロリーなのに、高たんぱくなメニューの嬉しいスープ。

>>04 あさりとセロリのエスニックスープ

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP