• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

監修 : 竹内冨貴子

photographs :
Ryoichi Toyama , Tae Hamamura , Kazutaka Nakahara

food styling :
Mayuko Abe , Akiko Suzuki

さんま

ぷるぷる肌に整える、ピカピカ青魚!

七輪で焼けば滴る脂がジュージュー焼けていいにおい! 脂たっぷり、潤い肉質のさんまは、いよいよ旬を迎える。この細めボディに含まれているのは誰もが欲しがる優秀オイル。その魅力をとくと学ぼう!

さんまの選び方

身がしまってピンとしているもの、胴が厚いほうが脂がのっている。また、口の先や尾の根元が黄色いと新鮮とされる。他の魚と同様、目に透明感があり、皮がピカピカしているのも新鮮さの印。

さんまの保存方法

できるだけ早く、傷みやすい内臓を取り除く。その後は早めに食べよう。食べきれなければ塩をふって脱水シートで包み冷蔵庫で保存するか、脱水後に酢やオリーブオイルに漬けておいてもよい。



01 さんまの梅しょうが煮

定番の甘辛い煮汁に、梅干しとしょうがを加えて。これらを入れることで生臭さが解消され、保存性も高くなる。わかめの付け合わせは、梅干し、青魚と相性がいいだけでなく、ローカロリーなうえに、食物繊維もたっぷり摂れるという、うれしい脇役となる。梅しょうが煮は、いわしやその他の青魚で作るのもオススメだ。ヘルシーな家おかずの定番にしたくなる味わい。

>>01 さんまの梅しょうが煮


02 さんまのオイル漬け

オイルサーディンをアレンジした、さんまのオイル漬け。塩漬けにして身をしめた後は、香味野菜と一緒に電子レンジでチン! 水気を拭いてオイルに漬ければ1週間ほどもつ保存食になる。オリーブオイルに漬けるとオレイン酸の効果で酸化を防げるが、量がたくさん必要なのでサラダ油を混ぜて使ってもいい。ふっくらした身はパンにはさんでサンドイッチにしても。

>>02 さんまのオイル漬け


03 さんまの黒酢薬味だれかけ

衣を薄くつけて、よりパリッと焼き上げたさんまに、黒酢ベースの中華風だれをジャーッとかけてしみ込ませる。たれは黒酢の酸っぱさを醤油や砂糖がやわらげ、実山椒が本格中華っぽい香りを演出。また、衣はさんまの美味しくて優秀な脂が外に出ないように焼き上げる効果もある。黒酢や香味野菜がさんまの生臭さを消してくれるので、旨みをしっかり味わえる。

>>03 さんまの黒酢薬味だれかけ


04 さんまのユッケ風

牛肉のユッケに手が伸ばしにくい時期には、刺身用のさんまを使ってチャレンジ! ごま油が香ばしいピリ辛に仕上げた韓国風のたれは、ちゃーんとユッケの味で、脂ののった肉質にもぴったり。牛肉よりも身の味が濃厚でオススメだ。そのままおつまみのように食べてもいいし、ごはんにのせてユッケ丼風にしても、いつもの海鮮丼とは違った旨みが感じられる。

>>04 さんまのユッケ風

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP