• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

監修 : 竹内冨貴子

photographs :
Ryoichi Toyama , Tae Hamamura , Kazutaka Nakahara

food styling :
Mayuko Abe , Akiko Suzuki

いわし

ピチピチ青魚で、目指せ!天才美肌

“大衆魚”と呼ばれて昔から食卓で愛され、日本人の長寿や健康を守りつづけてきたお魚、いわし。ただ素朴で美味しいだけじゃなく、美肌のもともたっぷりだし、頭が良くなる成分だって入ってる。いわしの魅力、再確認!

いわしの選び方

目に透明感があり、うろこがたくさんついているものが新鮮。皮がピンと張って丸く太っているものが美味しいといわれる。できるだけ手を加えていない、丸ごとの状態で買ったほうがよい。

いわしの保存方法

とにかくできるだけ早く、なるべく買った日に食べること。食べるのが翌日になるなら、開いて塩や酢をふってしめておくのがオススメだ。また、すり身にすれば、密封袋に入れて冷凍保存も可能。



01 いわしのエスニックさつま揚げ

タイ料理などでおなじみの手作りさつま揚げ。包丁を使わず手開きにして大きな骨を除き、小骨は包丁でたたくので、丸ごといわしの栄養を摂ることができる。ごぼうの食感やしょうがの香りが楽しく、食べ飽きない一品だ。揚げる前の状態で冷凍保存もでき、急なお客様対策にもぴったり。スウィートチリソースは作り置きもOKなので、まとめて作っておくといいかも。

>>01 いわしのエスニックさつま揚げ


02 いわしのごま七味焼き丼

甘辛く味付けしたいわしがごはんにぴったり合う丼。七味とごまをまぶしているので奥深い辛さと香ばしさが広がる。また、片栗粉をまぶして焼くため、サクッとした歯触りも美味しさのひとつだ。野菜はほうれん草やにんじんをナムル風に仕上げており、しっとりしてたくさん食べられそう。丼にせず、おかず風に盛り付けても◎な一品だ。さんまで作るのもオススメ。

>>02 いわしのごま七味焼き丼


03 いわしの黒酢煮

梅干しと一緒に煮ることが多いことからわかるように、いわしは酸味と相性がいい。まろやかでコクがある黒酢とも抜群の相性だ。いわしはできるだけ丸ごとを買って。頭やワタを落としたものも売られているが、酸化しやすいため、できるだけ人が触っていないものを選ぶのが正解なのだ。しっかりとやわらかくなるまで煮て、骨ごと全部食べちゃえるのが理想的。

>>03 いわしの黒酢煮


04 いわしとトマトのタルタル

刺身用のいわしを使って作るタルタルは、普通の「たたき」にはもう飽きた、という人にぴったりの食べ方。トマトやにんにく、ハーブを切って混ぜるだけのかんたん料理だが、彩りも美しく、おもてなしにも使えそうだ。ほかにも好みでいろいろなハーブを入れてもいいが、バジルはいわしのにおいを消してくれる効果があるので、ぜひ加えたいもの。

>>04 いわしとトマトのタルタル

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP