• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

監修 : 竹内冨貴子

photographs :
Ryoichi Toyama , Tae Hamamura , Kazutaka Nakahara

food styling :
Mayuko Abe , Akiko Suzuki

かつお

旬の美赤は鉄の宝庫

初夏になると聞こえてくる「初がつお」の声。昔から、季節の代名詞として使われているこの魚はやっぱりパワフル!!ピチピチ肌を作り出すために必要な成分をたっぷりとそのボディに秘めた旬のお魚思いっきり堪能しましょう!

かつおの選び方

空気に触れると酸化が進むので、切り身よりサク、サクより丸ごと買うのがいい。丸ごと買う場合は、縞模様がはっきりとしていて、えらの赤みが鮮やかなものを。切り身は赤みが深いものが美味。

かつおの保存方法

生ならとにかく早めに食べきること。いったん冷凍したものも多く出回っているので、再冷凍は避けたい。冷凍する場合は、だしなどで煮て、使いやすい大きさに切ってから密封して保存する。



01 かつおのユッケ風

美味しい刺身が手に入ったら、牛肉のようにユッケにするのもいい。さっぱりした初がつおに、卵黄やごま油でコクをプラスすれば、それだけで箸が止まらなくなる味わいに。コチュジャンとごま油がかもし出す韓国料理の風味が意外にもかつおとぴったりで、同時に独特なくさみもシャットアウトしてくれる。なめらかな食感も美味しい一品。

>>01 かつおのユッケ風


02 かつおのにんにく風味唐揚げ

唐揚げも鶏肉ではなく、初がつおで作ればヘルシー! 表面に片栗粉を加えた小麦粉をまぶして揚げているので、パリッと軽く仕上がるのだ。少し辛めに調味してタイ料理風のスイートチリソースを添えれば、南国の香り漂う、初夏らしい一品に。身もホロホロとやわらかく、肉汁がたっぷり。肉よりも食べやすくて止まらなくなりそうだ。ビールにぴったりのおつまみにも。

>>02 かつおのにんにく風味唐揚げ


03 かつおのイタリア風たたき

おなじみ「かつおのたたき」を、イタリア風にアレンジ。たまねぎとトマトを一緒にマリネすることで、淡白な初がつおに新しい風味を加える。酢を使わず、ケッパーで酸味を加えているので、酢のダイレクトなすっぱさが苦手な人でも食べやすく、より奥深い味を完成させている。日本の風物詩をアレンジした、ワインを飲みたくなる新感覚のたたきはおもてなしにも。

>>03 かつおのイタリア風たたき


04 かつおとごぼうの煮物

かつおは個性的な風味が自慢だが、そのせいで合う野菜が少ない。でも、あくがあって独特な風味のごぼうは、かつおと好相性のうれしい野菜だ。ご飯にもお酒にも合い、冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもぴったり。日持ちがするので、ぜひ作り置きしておきたい惣菜だ。かつおとごぼうを別に下ゆですると、色もきれいに仕上がり、おもてなしにも◎。

>>04 かつおとごぼうの煮物

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP