• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

VOCE2月号 ベストコスメ 2012 年間 グランプリ

ベースメイク 第1位

ヘレナ ルビンスタイン
プロディジー P.C. ファンデーション

全6色 SPF15/PA++ 30㎖ ¥10500

ヘレナ ルビンスタイン プロディジー P.C. ファンデーション
得点

塗れば塗るほど素肌が見違える威力に感動の声

類稀なる肌再生力でベストコスメを受賞したプロディジー P.C.セラム。その主軸となる植物の始原細胞を、セラム1本分も贅沢に投入したからこそ叶えられた、フレッシュな質感となめらかな仕上がりで、逸品揃いの中でも抜群の人気をキープ。

美賢者のコメント
「肌にまとった瞬間はまるで美容液。気になる部分に重ねると粉感や不自然さを一切出さずにカバー力だけを強めることができ、トレンドの素肌感を残しつつも、潤い感ときちんとした印象を備えた"ナチュ美肌"に」(高橋) セラム感触で肌が美しくリニューアル!"美容液ファンデ"の先駆け的存在(黒田) 「ベージュ色したエイジングケアセラムという感覚で、透明感やカバー力は申し分なく、さらに肌を育み、守られている満足感が圧倒的。2012年は ファンデの当たり年だったけど、中でも群を抜いていたケア力。しばらく超えるものはないのでは?という完成度」(安倍)「カバー力自在の薄膜リキッドに優れモノが多かった2012年。中でもこれ は、するりと肌と一体化する健康素肌のツヤ感、乾き知らずの潤い力、くすまない仕上がり……難ありの大人の肌も必ず満足できる逸品!」(吉田) 伸び率が著しかったファンデの代表格。毛穴や色ムラを隠し、理想の肌に(千吉良) 「美容液ファンデというネーミングに、まず惹かれたけど、その名に恥じぬスキンケア力。のびがよくて肌をなめらかに整え、つややかでヘルシーな印象に。全女性の肌に対応する点も◎」(濱田)
i-VoCE会員のコメント
「キメの整列の仕方がピカイチ! 毛穴もほどよくカバーしてくずれにくく、今年の私的ベスト」(rink17)「塗りムラなく広がって、肌に溶けこむような仕上がり。重ねれば濃いシミも隠せるうえに圧迫感がなく、一日中乾燥知らず。メイクオフ後の肌もうるうる!」(天)
VOCE編集部のコメント
「寝不足だろうと何だろうと、肌状態にかかわらず、問答無用になめらか美肌に仕立てる力技はすごい! メイクなのに『肌にいいことしてる感』もムフフです」(廣山)

 

クチコミをチェック
ベースメイク
ベースメイク 第2位

イヴ・サンローラン
タン ラディアント タッチ

全7色 SPF19/PA++ 30㎖ ¥5775

イヴ・サンローラン タン ラディアント タッチ
得点

メリハリのあるツヤ肌は光コントロールがカギ

ファンデには必須とされてきた不透明な粉を使わない潔い決断が功を奏し、大好評。肌本来の透明感や光を存分に引き出し、立体仕上げを叶える。「素肌ではないけど、素肌に近くて人工感もあるイマドキ肌をつくる"生脚ストッキング"ファンデの筆頭。薄膜でハリを出し、光操作でしなやかなツヤ肌に見せるクオリティには、感服」(山本)「軽やかなのに、しっとりとして潤いを感じる肌は、まさにトレンド。ムラづきすることなく、肌にぴたっとおさまるため、誰がつけても使いやすい点もいい。粉を重ねても軽さは消えません」(嶋田)

クチコミをチェック
ベースメイク 第3位

ジョルジオ アルマーニ
マエストロ ファンデーション

全8色 SPF15/PA++ 30㎖ ¥6825

ジョルジオ アルマーニ マエストロ ファンデーション
得点

するーっとした質感とふわツヤ仕立ての虜に

ライトなオイルさながらのスルさら感触で広がった後は、なめらかなツヤ膜が肌にぴたりとフィット。ただし、密閉感は皆無で、凹凸や色ムラをキレイに隠し、端正感も携えた軽やか美肌に。「すっぴんブームの中、忘れかけていた"メイクでしかつくれない最高の美肌"を思い出させてくれた気がしている。この完成度は感動もの」(松本)「ただ塗るだけで、直後からハリとツヤが生まれ、ほわっとした質感まで備わってトレンドに合致した肌感に。重ねても厚みが出ず、時間が経っても透明感と潤い感が続く次世代ファンデ」(田中)

クチコミをチェック

ディオール
ディオール スキンヌードグロウ フルイド

全8色 SPF15 30㎖ ¥5985

ディオール ディオール スキンヌードグロウ フルイド
得点

素肌よりも遥かに麗しいヌードスキンの最終形

大ヒットファンデの新作が、美のプロはもとより、i-VoCE会員の心も早々に捉えてランクイン。勝因は、ナチュラル仕上げとカバー力という相反する要素のWクリア。「"つるんとしたツヤ感を携えた、自然で健康的な肌"が今年のファンデのキーワード。中でもこれは、きちんと肌を整えながらも薄づきに見えるという"自然美と人工美のいいとこどり"を見事に実現」(藤原)「光コントロールや紛体の技術で厚みを出さずにカバー力を出せるファンデが一気に増えた2012年。みずみずしさと洗練度で群を抜いていたのがこれ!」(平)

クチコミをチェック

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP