• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典



「アイラッシュブームにエクステ、怒濤の高機能マスカラの誕生など、メイクアップトレンドのセンターポジションを奪ったのは、紛れもなく“まつ毛メイク”だったと言えよう。もともとのきっかけはギャルメイクだと思うが、あっという間に大人の女性の間に浸透。そのせいか、まつ毛をきちんとケアしながら1ミリの長さと太さ、カールにこだわるスーパー高機能マスカラに注目が集まり、大人の女性を満足させる上質なラグジュアリー感も重要視された。その分、アイシャドウやアイライナーは、スタンダードな色や質感にシフト。いいものが多く揃っていたわりにはやや地味な印象に。一方、リップメイクでは口紅が完全復活。クラシカル、トラッドといったモードにもぴったり合致。こちらもクオリティにはうるさい、大人の女性の支持がブームの鍵を握っていたと言える。“可愛い”から“大人きれいめ”に。そんな流れを予感させる“成熟”のラインナップに乾杯したい」(安倍)メイク年間王者の座を獲得したヘレナのマスカラは「濡れ感のある発色で目元に深みが!」(黒田啓蔵)「ヌケ感があり、目ヂカラも宿る」(嶋田ちあき)と、最強のアーティスト陣も唸らせる名品。3位もヘレナが受賞し、「ボリューム、太さ、カール感のすべてが自在」(田中宏典)と美まつ毛をつくるたしかな力に人気集中。2位はシャネルの口紅で「鮮やかに発色しながら、軽量なつけ心地が新しい」(齋藤薫)と、口紅の新世代に多くの美界人が虜に。

あなたにおすすめの記事一覧

他コンテンツカテゴリの人気記事一覧

JOSEISHI.NET人気の記事一覧

編集部おすすめコンテンツ

PAGETOP